海辺の町から

なんだかなぁ~ってため息の多い近頃です。
少し気晴らしが出来たらいいな。

平城山





中沢桂「平城山」


   作詞:北見志保子、作曲:平井康三郎


1 人恋ふは悲しきものと
  平城山(ならやま)に
  もとほり来つつ
  たえ難(がた)かりき


2 古(いにし)へも夫(つま)に恋ひつつ
  越へしとふ
  平城山の路に
  涙おとしぬ



中学生の音楽の時間に
習ったような記憶があります。


大人に近づいてきたその頃
ほんとにこの歌は悲しくて、切なくて
歌いながらも涙がぽろぽろ・・


ただ、あまりに高音なのでとても難しかった。


むかし、立川澄人が歌っていて
なんて、良い歌だろうと思いました。




誰も知らないかもね


もう


古いお話ですものね



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。