星に願いを     

  



珍しく爽やかな昼下がりです


今夜は七夕
何をお願いしようか おかあさん


風がすぅーっと通るその部屋で
義母と二人で 短冊を書いていました


寝たり起きたりの義母でしたけど
その日はちょっと具合が良かったのね


あの七夕の日から2ヵ月後
残暑の厳しい9月の半ば
義母は星になりました


義父が逝って1年半
慌しく追いかけていってしまいました


昭和の最後の年のことでした




ゆうべ、義母の夢を見ました
20年間、一緒に暮らしました
季節外れは分っているけれど
思い出が段々遠くなるから、忘れないうちに・・



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。