石の下




小高い山の中腹



幾筋かの煙がたなびいている



並んだ石のひとつひとつに



乾いた過去が眠っている






ねぇ




お母さんもここでいい?



いつだったか


息子が問いかけてきたことがあった



あぁ・・そうね




義父と義母と


そして愛した人が眠る部屋で


いつか私も永久の眠りにつくのだろう







もうすぐ20年


つい昨日のような



そして、遠い日のような





煙草に火をつけ



線香といっしょに立てる




この火が燃え尽きるのを




じっとだまってみつめていた




梅雨の晴れ間





空が青いね 




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。