【花】




他人のあなたを そこにみた


長い月日を共にいて


知らないあなたをそこにみた


何を残して逝ったのか




その花は、まだ生き生きと


そこにあり


花を手向けるその人は


どんな手をしているのだろうか




花生けに


私の花を重ねて入れた


線香の煙が


静かに揺れて昇っていった








あれから幾つも年が過ぎ


そうして、ふっと思い出す


あの彼岸の日のことを


ほんとに、たまに・・


のことだけど











ちいさなことば


ほんとに


ちいさなこどものことば


すくなさが うれしい



きょう


まごがかえるとき


ばいばい


ちぃばあちゃん またあそぼうね


そう いってくれた


めのあたり


すこしじわっとした


                    おとうとがうまれたよ・・



それから13年


この娘も大きくなりました
思春期の入り口で辛いこともありましたけど
何とか元気に育っています





疲れてる


何だか空まで疲れてる
お稽古の帰り バスを降りて・・

今日は朝から夕方までお稽古で
もう・・・へとへとです


来月は 三曲会の演奏会が二つ、それに勉強会が一つ
11月にはコーラスの演奏会


好きでやってんじゃん・・確かにそうだけど
へとへと・・・


年には勝てない( ノД`)シクシク…