海辺の町から

なんだかなぁ~ってため息の多い近頃です。
少し気晴らしが出来たらいいな。

山ガールの頃

勿論その当時は山ガールなんて言葉はありませんでした。
そう、もう何年前?になるでしょうか。
40代に入るころから10年間、私は山に夢中でした。


最初は近くの主婦仲間と行った尾瀬ヶ原散策ツァー。
夜行バスに揺られて到着、早朝から尾瀬ヶ原を歩きました。
どちらかといえば、歩くのは不得意の私でしたが、
自然の中を歩くことがこんなに気持ちが良いことなんだと、初めて知りました。


神奈川県は素晴らしいのです。
大きな丹沢山塊、箱根山を背負っており一時間もあれば麓まで行くことが出来るのです。
勿論北アルプスや南アルプスのように美しいとは言えないかもしれませんが、
それでも、四季折々の景色は生活に疲れた心を癒すには十分でした。


でもその10年を過ぎたころから、いろいろありました。
妹を失い、夫を失い、子供たちが独立して家を出て行き、飼っていた犬、
コッカスパニエルのかわいい仔でしたが。。。病気で死んで
私は一人ぼっちになってしまいました。
それから、山には登っていません。


でもね、山に行ったことは、山の稜線を歩いたことは
今でも私の心の宝物です。
写真は燕岳山頂
わっかいな~~~!




誕生日はこどもの日

小さい頃、すごく損した気持ちでいました。
いつだって、誕生日には柏餅。
そりゃ、柏餅は好きです。
でもね、たまには御馳走もいいじゃないの?
貧乏人の子沢山
我が家には5人の子供。。ちょっとしてからもう一人
両親と、祖母もおりましたから9人家族。


親を怨むじゃないけれど、どうしたってね~。
割り当てが少ないんだわ。


そんなこんなで大人になって、人並みに結婚もして
もうちょっと楽しい誕生日をと考えて、子供は二人にしておきました。


アマノティカ、通称ヒメヒオウギとも言います。
いつも、誕生日のころ花を咲かせてくれます。






ゴールデン・ウィーク

そうなんですね。 ゴールデンウイークなんです。
この何年かは母がおりましたのと、孫の中学受験とか何とかで娘一家も、泊まりに来ることはなかったのです。
しばらくぶりのお泊り環境は、孫たちの成長に追い付かず部屋が狭い!
まぁ、我慢してもらうしか仕方ないですね。
にぎやかに三日間を過ごしまして、先ほど無事にお帰り願ったところです。


疲れました。 


毎日一緒にいるわけではないし、なんか・・・浮き上がって遠慮しているのは私のほうみたいです。


ちょいと背伸びをしました。





母の家

父が亡くなって44年、ほんとに長い未亡人生活でした。
父が存命中の母はお洒落な人でしたけれど、それでもふつうのお母さんであったと思います。
しかし、その後の母と、どちらが本当の母なのかわかりません。

昨日、そろそろ片付けなきゃと母の家に行ってきました。
長い人生でもあり、また捨てることを知らない人でもあり、膨大な服の数々。
そして、リッチでお洒落な有閑マダム的な趣味・・
こんなんか? おかあさんて・・ 想像以上


晩年は私の家で二人で過ごしましたが、品の良いかわいいおばあちゃんだと言われていたのに・・


なんだか、女のしたたかさを見せつけられたようで、寂しい気持ちがしました。

民生委員さん

昨日のこと、民生委員さんの訪問を受けました。
母が生存中は何回か見えられていたので、
母が亡くなったこと知らないのかしらん?
当然そう思っておりましたのに、私宛の訪問だったのです。
一人暮らし世帯の見守りとかなんとか・・


考えもしなかったけれど、そういう年齢、そういう境遇。
有難いような、悲しいような。
複雑な気持ちでしたが、突っ張ってはいけないと思い、
ここは素直に受けようと決めました。


人間、何があるかわからないですからね。


けど、まだ若いんだもん     わたし



ハマダイコン
風に吹かれてゆらゆら
私も簡単には折れない!!