結婚指輪考



ふと自分の手を見て思いました。
あの頃は細くて白くて
自分で言うのもなんですが、可愛い手をしていたな


遠い日、その頃は夫婦そろって結婚指輪をしている人は少なくて
私も夫から貰った結婚指輪をしていたのだけれど、
新婚時代はともかく、何年かしてふと疑問に思ったの


なんで妻だけが?


夫が嫌いになったとかそういうのじゃなくて
持ち物の印みたいじゃないの・・って


で、外してみました。
少し自由になった気がしました。


大体ちょっと大きめだったから言い訳はできたのです。
落ちちゃうんだもの・・・って


だからって、
夫が存命中私が浮気をしたことはありません。
いまだって、もうひとりなって長いけど
やっぱり夫が一番好きです。


そりゃ、ちょっとは好きな人がいたこともあったけど・・(/ω\)
これからだって好きな人ができたら良いなと思っています。


でも
私にとって一番辛いのは束縛されること
それが、愛情であってもです
束縛とはどいうことか
貴方だけが生きがいなのよ・・は古い歌だけれど
自分の愛を押し付けられることです。


もし、今の人達のように夫婦そろって指輪をしていたなら
外してしまおうなんて思わなかったかもしれないですね


片付けをしていたら、結婚指輪を見つけました。
ブカブカだった指輪なのに、今はもう指の方が太くなっていました。
























×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。