放浪の旅 二日目


橋杭岩の神々しいような朝焼けで、二日目は始まりました。


美しい海岸線をひたすら走り


ここは三段腹・・・もとい三段壁
南紀白浜町 吉野熊野国立公園 名勝 三段壁
がしかし、写真がみつからない!


で次に行きます。


白浜町日置町の志原海岸の千畳敷

海食壁といいます。
かなり迫力がありました。


この地層は、約1600万年前に浅い海に堆積した地層(田辺層群白浜累層)が隆起して露出したものだそうです。
大きな洞窟もありましたが入りませんでした。化石も多く見られるここは、志原の千畳敷としても有名です。


白浜町「千畳敷」

志原の千畳敷と同じ地層で出来ています

ところで、やはり魚介類が豊富な白浜海岸
道路際のお店で、サザエのつぼ焼きを食べようかなぁ~~と見ていたら、
お店の人に
「スィーツ、スィーツ」と呼びかけられました。
何のことやらと見てみれば、美味しそうな柿


あの・・・・私たち日本人なんですけど


ご多聞に漏れず、ここも外国人(特にアジア系)が沢山!


サザエのつぼ焼きは美味しゅうございました。


円月島

白浜のシンボルとして親しまれている円月島
夕日の名所なんだそうですが、残念ながらちょっと時間が早くて見られませんでした。


その後、 和歌山、を過ぎ 大阪の関空の夜景を横目に、神戸 そして岡山方面に




続きはまたね




 


放浪の旅 一日目

あれ、もう11月8日


こんにちは!


放浪の旅から帰ってきました。
こんなに長い留守は初めてで、やらなきゃならないことがいっぱいで
なかなか、ブログをアップ・・まで行きません
皆さんのところにもなかなか行けず(´;ω;`)ウッ…


写真の整理もまだなのです。
頭の整理も出来なくて
忘れないうちに・・なんて思っているけれど


今回はハードでした


ざっと行程だけでもね


まず夜行バスで 奈良まで
Kちゃんに迎えてもらって


一日目 


熊野本宮大社 大斎原 の日本一の大鳥居




幅 約42メートル
高さ 約34メートル


大空に向かってすっくと立つ大鳥居
信仰はともかくも、人々の願いを背負って立っているのかな・・



熊野速玉神社
なんと言っても世界遺産だらけ



木々の葉が色づき始めていました


那智山熊野大権現


この階段は嫌だわ~~

八咫烏のお出迎えを受けました

そうして那智の滝


それから あちこち歩いたけれど割愛させていただきます
何故なら~~~~なんだったっけ?が多くて
すみません



そうして一日目の終りは 
和歌山県串本町
橋杭岩 


今夜はここで宿を取りました。




きっと素晴らしいことがある
そんな気になる 橋杭岩の朝焼けでした。


では、続きはまた






捨てっちゃえ




どうせ拾った恋だもの・・(古くてすみません)


なんて、恋ではありません


拾ったものでもありません



捨てたい




この座卓、前々から邪魔だなぁと思ってて、


ちょっと大きいし、重いし


炬燵にもならないし



板状の物は直径1メートル以内なら不燃ごみで捨てられるらしい。


足を外せば大丈夫かな?


勇躍、ドライバーを持ち出してきて作業開始
? ネジの刻みとサイズ合わない。


昨日は病院の日だったので、帰りに100均に寄って買ってきました。


100均のドライバー 馬鹿にできないですね


先端が磁石になってます
持つところはラバー仕上げなので、しっかり持てます。


スイスイ・・(^^♪



けど、
ほんとにこの座卓持って行ってくれるのでしょうか


息子にメール



震災以来メールを遠慮していたけれど


そろそろ落ち着いた頃だと思い、息子にメールをしてみた。


何かいるものがあれば、送るから・・・と


二度目の冬だからだいぶ慣れた
けど、梅干しがなくなったから、あったら送ってとの返事
素朴な母ちゃんの味が良いのかな?
なんてうれしいけど
あいや~困った
私自身は殆ど梅干しは食べないので、みんな友人に配ってしまった。


冷蔵庫の奥に3年くらい前のがあるけれど
これを送る?
ひとつ食べてみたけど大丈夫そうだし(^^ゞ



今朝の未明
満月だったそうで


今夜の月は真ん丸でオレンジ色でした。
月だけ単独で写してもな~~