内職物語



今日も雨です。今日は少し蒸し暑いです。
家の中でじっとしていると、ほんと私って怠け者なんだなって思います。


若いときは地方公務員だったけど、結婚した時に仕事はやめました。
思えば勿体ないはなしです。
その頃は結婚したら仕事はやめるようにって、義父母に言われて
ま、そんな時代だったんだけど・・


それでも小遣いは欲しいから、いろいろな内職をしました
一番良かったのは 学力テストの採点
赤鉛筆で丸付けしてゆくのです。
これは面白かったし、けっこうお小遣いになりました。
でも、何年かしてコンピューターで採点するようになり、仕事は無くなりました。


それから、ダイレクトメールの袋詰め
膝の周りに書類を並べて、大きな封筒に入れて行きます。
慣れるとこれも面白い
単純作業でも効率よくやるのには頭も必要なんです
これも、仲間がダウンして・・グループで請け負ってたものですから
で、おしまい。


その後某デパートの洋服を作ったり
洋裁は趣味で始めたんだけど、何故か仕事に・・
単価は良かったけど、責任が重くてついてゆけず
趣味の洋裁程度ではね・・無理だったんです


最後は子供服の見本を作る仕事でした。
可愛いですから楽しかったのですが、段々仕事の量が減ってゆきました。
環境が変わっていったのですね。


そんなこんなの内職人生でも
一度だけ某デパートに勤めました。
ところが夫が病気になりこれも続けられませんでした。


両親と同居なら外に出られるでしょ? と一般的には思われるかもしれないけれど
とんでもない話
嫁が働きに出るなんて言語道断
そのために孫を見るなど一切しない! と宣言されていました。
昔の親は強いです(笑)


天は私に働くな~~~!と言っている?
お金もないのに・・


そんな中でも、いろいろやってきたけれど、
夫が亡くなってからは働く気が完全に失せました。


今はもう年齢的にも仕事はないですけどね^^


本日は梅雨らしく愚痴をぐちぐち


昔の話、言う相手の無い愚痴でして



読まれた方にはごめんなさいです。




桔梗草








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。