内職物語



今日も雨です。今日は少し蒸し暑いです。
家の中でじっとしていると、ほんと私って怠け者なんだなって思います。


若いときは地方公務員だったけど、結婚した時に仕事はやめました。
思えば勿体ないはなしです。
その頃は結婚したら仕事はやめるようにって、義父母に言われて
ま、そんな時代だったんだけど・・


それでも小遣いは欲しいから、いろいろな内職をしました
一番良かったのは 学力テストの採点
赤鉛筆で丸付けしてゆくのです。
これは面白かったし、けっこうお小遣いになりました。
でも、何年かしてコンピューターで採点するようになり、仕事は無くなりました。


それから、ダイレクトメールの袋詰め
膝の周りに書類を並べて、大きな封筒に入れて行きます。
慣れるとこれも面白い
単純作業でも効率よくやるのには頭も必要なんです
これも、仲間がダウンして・・グループで請け負ってたものですから
で、おしまい。


その後某デパートの洋服を作ったり
洋裁は趣味で始めたんだけど、何故か仕事に・・
単価は良かったけど、責任が重くてついてゆけず
趣味の洋裁程度ではね・・無理だったんです


最後は子供服の見本を作る仕事でした。
可愛いですから楽しかったのですが、段々仕事の量が減ってゆきました。
環境が変わっていったのですね。


そんなこんなの内職人生でも
一度だけ某デパートに勤めました。
ところが夫が病気になりこれも続けられませんでした。


両親と同居なら外に出られるでしょ? と一般的には思われるかもしれないけれど
とんでもない話
嫁が働きに出るなんて言語道断
そのために孫を見るなど一切しない! と宣言されていました。
昔の親は強いです(笑)


天は私に働くな~~~!と言っている?
お金もないのに・・


そんな中でも、いろいろやってきたけれど、
夫が亡くなってからは働く気が完全に失せました。


今はもう年齢的にも仕事はないですけどね^^


本日は梅雨らしく愚痴をぐちぐち


昔の話、言う相手の無い愚痴でして



読まれた方にはごめんなさいです。












梅雨の晴れ間




お稽古の帰り、久し振りに海を見に行く。

波が少し高いです。


防災無線


いつもは、迷子のお年寄りの情報提供の呼びかけばかりです。
いわゆる警報が鳴ったのを聞いたことはありません


市から、自然災害のほかに
有事関連の警報の種類を書いた紙が配られています。


防災無線を見上げながら
どうか異常な警報のなることがないように
と、願わずにはいられません。



この度の地震
被害にあわれた皆様
お見舞い申し上げます





乙女チックなひと




私の旦那様の大好きな花は かすみ草


私の旦那様の大好きな果物は さくらんぼ


うふ 可笑しいでしょ


まるで乙女



私の旦那様の声は ベース


出会いは同じ職場


広い部屋の端っこと端っこ


よく通るベース


その声に 私は魅かれちゃったのかも


その声は 息子にも引き継がれてる


声だけは 素敵なベース



今日は命日


大好きなかすみ草と さくらんぼを供えよう



私は元気だよ


大丈夫! ひとりでちゃんとやってるし


みんな優しくしてくれるから



じゃあね


とうぶんそっちにはいかないから


好きにやっててね


私が行くまで





梅を漬けました



おはようございます!


これがほんとの梅雨空なんでしょうね


どんよ~~~り
気持ちまでどんよ~~りの今日ですが


私、梅を漬けました。


毎年漬けているのですが、昨年はまさかの大失敗!
上手の手から水が漏る・・ってね
(上手じゃないですけど(^^ゞ)
多分、水につけている時間が長すぎたんですね・・


そこで、今年はチャチャっと洗っておしまいにしました。


上手くいくと良いのですが。


毎年漬けて、息子と娘に送ります。友人にも少し
自分は・・・ほとんど食べません



こんな感じ
重しを載せて
水が上がってきたら赤紫蘇を入れます。
7月の終わり土用の頃に干します。


今年は美味しくできますように


人´ω`)オネガイ~!







三渓園




台風の翌日、晴れたその日に「三渓園」に行ってきました」。


50年来の友人であるT子さんに、前々から逢いたいコールをされていたのです。
ちょっと出かけすぎて疲れ気味だったけど、またいつ会えるかわからないので
三渓園にでも行ってみましょうか?と聞くと
三渓園には行ったことがないといわれて吃驚でした。
同じ神奈川県民だったはずなのに、というか高校の同級生です。


そんなこんなで、おばさんの定番待ち合わせ
横浜駅そごうの時計の下で11時
ところがちっとも来ません・・
携帯に電話でもと掛けようとしたところに、本人が現れました。
そごうが駅から少々離れていたことを忘れていたらしく、改札口近くの店で孫のお土産を買っていたのだそうです。
ま、そうかな?
昔から、どっかまったりしすぎの彼女です。


三渓園までは横浜駅からバスで40分弱です


天気も良く、花も咲き、
歴史的建造物の数々
抹茶に、羊羹
そばを食べて
お喋りもいっぱい



三渓園は生糸貿易で財を成した、原三渓が造り上げた、広さ約175,000㎡(53,000坪)
の日本庭園です。


臨春閣・・原三渓の住居の一部です。昔の金持ちって桁が違うんですね


旧燈明寺本堂

京都や鎌倉から集められて歴史的建造物が四季折々の自然の中に佇んでいます。
沢山あるのですが全部は見られません
T子さんは埼玉に帰らなければならないのです。
ですので、そのうち一人でのんびり歩いてみようかと思います。


花菖蒲が見ごろでした。



半夏生 

勿論紫陽花も

ねむの花


友というのは不思議だなと思いますね。
ふたりは高一の時同じクラスになりました。
どっちかというと暗めだった私。
ですがいつの間にかいつも二人でいるようになりました。


他の女の子たちのように大声を出すとかそんなこともなく
ひっそりしてたように思うけど・・
何故かモテたんですよね~~彼女( ´艸`)


高校を卒業して半世紀の歳月、
お互い別々の道を歩んできました。
会うのも何年かに一度という具合です。
それでも、友情は変わらないみたい
これからものんびりまったり、二人の時間を過ごしていきましょうね。
なかなか会えなくてもね


(*^_^*)