ソレイユの丘・・・思い出



おはようございます。
雨が降るのか降らないのか
湿気むんむんの朝です。


・・・ふと、思い出したこと・・・


大分以前のことです。


ある掲示板でお散歩サークルに入っていました。
好きですね( ´艸`)


その方たちと三浦半島にある「ソレイユの丘」に行った時のことです。



台風一過のその日
素晴らしく晴れ上がった空
岬の公園は潮風が気持ちよく


暑いのをのぞけば 楽しい散歩でした。


トイレに入った時
一人のお年寄りが トイレの中で立ち上がれなくなっていました。
そのとき
とっさにひとりの方が


「私は介護士です 大丈夫ですよ」


と声をかけたのです。


見ているのも悪い気がしたので ちょっと他所を見たりしていたのですが、
その方は 大きな声でしっかりと話し掛けながら そのお年寄りを助け
そして車椅子に座らせてあげていたようです。
信頼感を持ってもらわなければ 全面的に頼ってもらわなければ
介護の仕事というのは 進まないものです。


話し掛ける 語りかける
大丈夫 大丈夫 と安心してもらう
その大切さを とても感じました


職業病よ
彼女は笑っていましたが
職業意識の高さだと思いました。



とても爽やかな さりげない行動に
強さと優しさを感じました 。



手伝うべきだったでしょうか?
慣れないものが手を出すことは
余計に不安にしてしまいそうな気がしたのです。




その方とはその後お会いしないまま
その掲示板はなくなってしまいました。



ふとすれ違ったような関係の方でしたが
今でも心に残っています。



ソレイユの丘





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。