海辺の町から

なんだかなぁ~ってため息の多い近頃です。
少し気晴らしが出来たらいいな。

命日

前日来の雨が


ようやく上がったその日の朝早く


貴方と息子と私と三人で家に帰りましたね。



それから、もう19年経ってしまいました。


長かったのか、短かったのか。


昨日の事のようでもあり、はるか霧の彼方の事のようでもあり。


ともあれ


19年間、たいした病気もせずここまでやってきました。


見守っていてくれるから?


そうなのかな? わからない。。。


19年間、何もなかったわけでもない。


親しい人たちが随分私の傍からそちらへ行ってしまったし。



けれどもね、


貴方がいなくなってから、いろんなことをはじめました。


きっと、知ったら吃驚するよね。


呆れてるかもしれないね。



家も売っちゃって引越しもしたし。


なぜか お琴なんか始めちゃったし。


そしてパソコンにコーラスに お酒も覚えました。



子供たちはね、大丈夫。 なんとかやっています。


心配かけられることもあるけれど、そりゃ親ですものね。




あの日から変わらないのは、ずっとひとりのままだってこと 。


なんだろね・・


最近、少し疲れたかなって気もするの。



今日あったことやなんか、喋ってみたいじゃない。


バカだのなんだの言ったり言われたりしたいじゃない。


でも、ま、しょうがないですよね。


この生活が性分に合ってるみたいだし。




大好きだったサクランボと葡萄を仏壇に供えましょう。


明日になったら 私がいただきます。